公務員のその他年収

さて、ここまで紹介した公務員職というのは、どちらかというと一般的にはあまり関わりがないものでした。選挙などを経なければ就職することが出来ないものがほとんどであるため、なかなか就職ができるものではありません。それでは、もう少し近い物としてはどのようなものがあり、その年収はどれくらいになっているのでしょうか。

お金まず紹介するのは「高等学校教員」についてです。高等学校教員については地方公務員という扱いとなっています。年収の平均は770万円前後となっており、平均的な金額から比べるとそれでも高い部類に入ることは間違いないでしょう。次に、同じく地方公務員である警察官についてです。こちらは身の危険が伴うということもあり年収は高めになり、814万円前後という結果となりました。

この他では、国家公務員職である医師が1165万円、独立行政法人監査が1384万円などの結果が並んでいます。通常の市職員などについては上位のランキングに入ることはありませんが、基本的にその時期の民間給与を下回るような結果となることはないため、中流以上の収入を得ることができるようになっていることが分かります。ちなみに、市区町村議会議員は760万円と控えめです。

こうした公務員を目指す一つの方法として専門学校があります。学費は安いとは言えないかもしれませんが、試験に合格すれば安定した職業が待っています。できるだけ合格実績の高い専門学校を選ぶようにすると間違いがないかもしれません。事前に学校情報はしっかりチェックしておくようにしましょう。

推奨サイト:http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
合格実績を掲載している専門学校「大原学園」のサイトです。

公務員の年収上位

それでは、公務員の年収について、ランキングをベースにして紹介します。まずは公務員の中でも特に代表的な仕事であり、多くの収入を得ることができる仕事についてです。

国会議事堂まずは「内閣総理大臣」です。違和感を覚える人もいらっしゃるかもしれませんが、国のために勤め、国の税金より収入を得るという意味で言えば、内閣総理大臣は間違いなく公務員となります。年収は5141万円となっており、法制によって金額が変動するようになっています。これと並び立って第一位となっているのが「最高裁長官」が挙げられます。こちらも同じ年収額となっており、三権分立を担う両者が非常に重要な役割を担っていることが分かります

これに継ぐのが立法府である衆議院・参議院の議長で、それぞれ4857万円です。両院あることで年収としては多少少なめになっていますが、やはりトップ3は三権分立に関係するものが入っている事がわかりました。この後も暫くは国務大臣、事務次官、国会議員、局長職など、政治に直接関わることになる公務員が入ってくることになります。その後に独立行政法人の長や、特殊法人理事などが入ってくるようになっており、一般的な公務員職はさらに下となっています。

公務員の種類

教室最近では、公務員になりたいという子供も多くなっていると言います。もちろん子供でなくとも、公務員というのは魅力的な仕事の1つでしょう。ただ、この「公務員」という言葉は意味が広すぎて、これだけでは実際のところどのような仕事を目指しているのか、ということが分かりにくくなってしまっています。公務員というのは名前の通り公の職業のことを指しているわけですが、その実態は役所で仕事をしている人たちだけを指しているものではありません。より広い範囲に渡って公務員というのが存在しており、その職種によってどのような仕事なのかにも大きな違いが生じることになります。

それでは、公務員の仕事に共通していることとしてはどのようなことがあるでしょうか。まずは「給与が税金によって支給されている」という点が最も大きな共通点です。国のため、あるいは地方自治体のために仕事をする公務員には、税金をベースにした給与の支払いが行われることになります。これは裏を返せば市民の税金を無駄にしないような仕事をすることが求められるということでもあり、公務員はそれ故に「批判」の対象となりやすい職業であることも考えておかなければなりません。

とは言え、リストラなどはほぼなく、余程のことをしないかぎり「クビ」にはならない安定した職業であることも公務員の特徴です。ただし、国内経済の悪化によって給与が減らされるなどの事態に陥ることはあり得る点には注意が必要です。